ペット火葬について

ペット火葬も、近年のペットブームが背景にあって、いろいろな形式が最近出てきました。ペットが死んだとき、一緒に生活してきていろいろな思い出をくれた家族同様のペットに対して、深い愛情と感謝の気持ちで見送り、安らかに眠れるようにしてあげたいといった願いを持つ飼い主が増加しています。
ペットが亡くなった場合、犬の場合は市町村役場への届出が義務付けられています。届出の事項は、飼い主の住所、氏名、犬の死亡年月日、登録番号となります。犬以外のペットについては市町村役場への届出の義務はありません。
亡くなったペットの死骸については、飼い主が責任をもって処理をする必要があります。自分で処理できない場合には、ペットの死骸を焼却処分するか火葬して人間と同じように供養します。
市町村によってはペット火葬施設などを持っているところもあるので環境衛生課に問い合わせてみてください。ペットの火葬施設が無い市町村ではそのほとんどがゴミとして焼却されてしまいます。この場合引き取りにお金がかかるようです。しかし、ペットを我が子同然に育ててきたのに、ゴミ同様に処理されるのは心が痛むという人は、ペット火葬やペット霊園を検討するとよいです。我が子同然にかわいがってきたペットをゴミのように扱いたくないなら、ペットの火葬や葬儀をやってくれる民間の施設を利用することをお勧めします。
タグ:ペット 火葬

ペット保険

ペット保険業界が最近賑わっているようです。ペット火葬の話題を取り上げてきましたが、保険制度がペットにもあります。日本でも近年、家族の一員またはパートナーとしてペットを飼う人が増えています。人間が病気の際に支払う医療費は、健康保険制度の下、何割かの自己負担で済みますが、ペットの場合は医療費を高いと感じる人が多いです。それは自由診療で全額負担のためで、ペットの飼い主がペットの健康を考える上でネックの一つになっています。
ペット保険は消費者の声を、取り入れる形でスタートしました。「ペットにも保険があったら」とか、「ペット保険について詳しく知りたい」といった飼い主の意見です。しかし「ペット保険」のようなサービスについては情報がまだ十分に行き渡っていないと思われることもあり、実際はいろいろな問題点もあるようです。
ペット保険の現状としては、現在インターネットなどの関連サイトを見ると20社以上がペット保険の事業を行っているようです。しかしいずれも事業を始めたのは長くて数年前からで、事業活動を行っているかどうかわからないものも中には見られました。まだそれほど日本では普及はしていないようです。ちなみに海外では、20数年の歴史を持つイギリスなど、「保険」として運営されている国も多いです。
ペット保険は保険業法に基づき免許を持った事業者が扱っているわけではないこと。いざというときの契約者保護対策も保険のような契約者保護機構があるわけではなく、監督官庁等もないこと。こういったペット保険の問題点を解消していくことがペット保険の今後の課題でしょう。
ペットの火葬・葬儀

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。