ペットブームの裏側

ペット火葬は、ペットをわが子のように飼い主が大事に育ててきた結果、ペットが亡くなってもしっかりと弔ってやりたいという思いから広まってきました。今ではペット葬儀も火葬のほかにさまざまなスタイルが選べるようになってきており、ペットがそこまで人間から大切にされることは素晴らしいと思います。
ペット火葬に見られるようにペットを大切にする飼い主がいる一方、そうではない人も残念ながらたくさんいます。ペットの一番の死因は、殺処分であることを知っている人はどれくらいいるのでしょうか。ペットブームの裏側では、人間の都合で捨てられ、保健所で殺処分されるペットも大勢いることは覚えておいてほしいと思います。
保健所などで殺処分されてしまう動物のうち、全体の8割は元はペットとして飼われていたということです。これをどのよう考えればいいのでしょうか。以前は飼われていたペットたちは、人間たちの勝手な都合で飼えなくなり、捨てられてしまったのでしょうか。このようなことがペットブームの裏側で、毎日繰り返されている現状を私たちは知るべきなのではないかと思います。
ペット火葬などを含めて、自分のペットに愛情もお金もかけて、一生大事にペットの面倒を見る人は本当にたくさんいます。しかし保健所などで保護されたペットは、ほぼ例外なく殺処分されてしまいます。しかも、理由はいろいろあるそうですが、殺処分する際はペットたちは苦しみながら死んでいくそうです。ペットともっと真剣に向き合うべきではないでしょうか。
ペットの火葬・葬儀
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。