ペット保険

ペット保険業界が最近賑わっているようです。ペット火葬の話題を取り上げてきましたが、保険制度がペットにもあります。日本でも近年、家族の一員またはパートナーとしてペットを飼う人が増えています。人間が病気の際に支払う医療費は、健康保険制度の下、何割かの自己負担で済みますが、ペットの場合は医療費を高いと感じる人が多いです。それは自由診療で全額負担のためで、ペットの飼い主がペットの健康を考える上でネックの一つになっています。
ペット保険は消費者の声を、取り入れる形でスタートしました。「ペットにも保険があったら」とか、「ペット保険について詳しく知りたい」といった飼い主の意見です。しかし「ペット保険」のようなサービスについては情報がまだ十分に行き渡っていないと思われることもあり、実際はいろいろな問題点もあるようです。
ペット保険の現状としては、現在インターネットなどの関連サイトを見ると20社以上がペット保険の事業を行っているようです。しかしいずれも事業を始めたのは長くて数年前からで、事業活動を行っているかどうかわからないものも中には見られました。まだそれほど日本では普及はしていないようです。ちなみに海外では、20数年の歴史を持つイギリスなど、「保険」として運営されている国も多いです。
ペット保険は保険業法に基づき免許を持った事業者が扱っているわけではないこと。いざというときの契約者保護対策も保険のような契約者保護機構があるわけではなく、監督官庁等もないこと。こういったペット保険の問題点を解消していくことがペット保険の今後の課題でしょう。
ペットの火葬・葬儀
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。