ペット火葬業者

ペット火葬業者の拡大は、現在の日本の状況を考えれば、当然のことだったのかもしれません。高齢化社会を迎えるにあたって、子供が独立して手を離れたあと、夫婦がペットを飼いはじめるなどのケースが最近増えているようです。またとても小さく、かわいい小型犬が海外から出回るようになると、アッという間に若い世代から中高年までいろいろな年代の人達がペットを飼うようになっていきました。
しかしペットを取り巻く環境は厳しいです。その理由は全てペットを飼う人間の無責任さに他ありません。飼いはじめてはみたものの散歩が面倒になったり、しつけが出来なかったり、飼い続けることができなくなると、すぐに捨ててしまったりします。ほったらかしにされたペットが病気に感染してしまうケースなども多くあるようです。
飼い主に捨てられたペットは、保健所で保護された後、ほとんどの場合殺されてしまうのです。この現実を知る人は一体どれくらいいるのでしょうか。保健所で保護される犬のほとんどはペットとして飼われていた犬たちです。このような悲劇を生んでいるのが人間の身勝手さだということを忘れてほしくありません。
ペット火葬業者のサービスは、多少行きすぎの感も否めませんが、やはり家族の一員として一緒に過ごしたかわいいペットの最後を盛大に祝いたい気持ちは分かります。生活習慣病がペットの世界でも起こっているということを聞いたことがあります。これも甘やかしすぎる、人間の身勝手さからくるものであります。ペットをこれから飼う時には、あくまでペット本位で世話をすることを大事にしてほしいと切に願います。
ペットの火葬・葬儀
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。